こんにちは!川崎・狛江・稲城あたりでお墓工事をすることが多い登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。

思いのほか雨が早く上がり、午後から狛江市のお墓工事現場に出向くことができました。この半日はありがたいです。

午前中にはこのお墓に張る敷石の加工をしていました。汚れが付くかもしれませんが、お施主様が滑って転倒する危険性を考えてバーナー仕上の敷石です。(御影石の表面を強烈な炎で焼くことで、ザラザラの状態になる)

IMG_8941[1]

明日この敷石を施工するため、しっかりとした下地作りをしなくてはなりません。据付けた外柵内に砂利を入れてその上にコンクリートを打設します。

敷石を張る場合にはこの下地は大切です。下地が割れたりしないように細めですがワイヤーメッシュを入れます。

P5270029

IMG_8948[1]

これで無事コンクリ打ちまで完了。写真にはありませんが、墓誌が入る位置には墓誌本体の重さを支えるための受け石も入れてあります。敷石に過度な負荷を与えず作業すれば良く仕上がることでしょう。

私自身は都内で所用があり不在だったのですが、この作業中にお施主様が現場の様子を見に来て下さったようです。職人からその様子を聞き、とても喜んでくれていたことを知りました。本当に嬉しいことです。少しでも良いお墓に仕上がるように頑張ります。

弊社のお墓工事は一軒一軒のお墓に時間をかけ、じっくり丁寧に作業を進めて行きます。気になる箇所があれば手直ししたり、やり直したりもするので決して迅速ではありません。

これからも一日にやるべきところをしっかりと守り、良いお墓づくりを目指します。

また、よろしくお願いします。


この工事の様子を書いています。よければご覧下さい。
狛江市 寺院墓地で外柵リフォーム工事を開始。まず解体作業!
狛江市 お墓のリフォーム。基礎工事を進めています
狛江市 お墓のリフォーム。下ごしらえを終え、外柵据付を開始しました。
狛江市のお墓工事、真壁石外柵が形になってきました。

トップページはこちら