2019年8月10日(土)


ご無沙汰しております!川崎市多摩区の石屋、吉澤石材店の吉澤です。

更新がかなりあいていましたが、その間もお墓の仕事にいそしんでいましたよ。

今日は多摩区の寺院墓地での建墓工事、最終工程を行ってきました。

こんな感じで墓地の敷地に新たに外柵・石塔を建立する作業。当初ご相談いただいたのが5月の後半。ご家族がお亡くなりになり、四十九日法要までの建墓が可能かということでした。

この敷地、一見すると基礎工事がなされているようにも見えますが、実はかなり薄いコンクリート。端部にひびが入っている区画もあったりします。しっかりとしたお墓を建てることを考えれば、この薄いコンクリを壊して通常通りの基礎工事を行うことが望ましいです。

また、使う石を選んだり形を考える時間は充分に取った方がいいとご説明して、無理に四十九日にこだわらずに百か日法要を目指して建墓を進めていくことに決定しました。

四十九日にご納骨までできればもちろん安心。

しかしお墓は長きにわたり亡き家族のお骨を納め、お参りをしていく場です。単に間に合わせで建墓を行うのではなく、じっくりと向き合い考える時間もまた必要ではないのかと私は考えます。

さて、そうしたことでこの工事、まずは不要なコンクリートの壊しから行っていきます。

ブレーカーを使ってコンクリを壊し、高さを決めて不要な土を運び出します。小さな玉石がけっこう出てきました。ここから割栗を敷きこんで転圧します。

低めの部分には40-0砕石を入れて再び転圧。高さを丁度いい位置に合わせます。そしてD13鉄筋を配筋。基礎コンクリがねじれにくいよう斜めにも鉄筋を配していきます。

水抜き穴と改良マスを所定の位置に配置してコンクリートを流し込みました。

硬化のための養生期間をおいてからの据付け作業。

今回の外柵は形がいつものタイプと少し異なります。

石の据え出しの位置も墓地の真ん中よりの部分から。もちろん前通りからきちんと平行になるよう、地墨をしっかり打ってから行っています。

左右の余裕が少ないのでけっこう神経を使いますね。

補強用のステンレス金具も、ここ最近の施工からより強くしっかりとしたタイプに変更。少々ごつく見えますが(笑)

色が青く見えるのはブルーシートを張って作業しているため。日差しが強烈過ぎて石が焼けて施工不良を起こさないためと、人間が具合が悪くならないよう夏場はこんなことも必要なんですよね。

間口が狭めのお墓ですが、水抜き穴もいい位置に収まっているようです。

ちょっと工程が飛んでしまっていますが、これが完成写真。もちろんいつも通りの工法で、化粧砂利の下には防草のため土系舗装材の施工も行っています。

今回のお墓の外柵はアシンメトリー(左右非対称)な形状。奥が長い敷地ということもあり、敷石を敷いて低めのアプローチ。立ったまま石塔の近くでお墓参りが可能です。

その敷石上は向かって右側にベンチを、そして左側には墓誌を埋め込んだ羽目石を配しています。

インド産の濃クレーの石を使った洋型石塔もきれいですね。濃すぎず、さりとて薄すぎずいいあんばいだと思います。

ベンチに腰掛け(夏場は石が熱くなるので座りづらいかもしれません)、お墓参りのひと時を過ごしていただくのはいかがでしょうか。墓参時の物置きとしても使えるので便利ですよ。

今回は全体的にあまりごちゃごちゃした印象にならないよう、シンプルな部材構成で設計してみました。お参りしやすく、過ごしやすいお墓ができたと思います。

長く愛されるお墓になってもらえると嬉しいです。


2019年8月25日(日)

こちらのお墓、今日がご納骨になりました。

当初は雨予報もあったみたいですが、不安定な天気がいいほうに出て晴天。日差しを遮るためにパラソルは張りましたが、安心して臨めました。

お墓の形もお施主様の希望を取り入れ、アプローチをより低く目に設計したのでお参りもしやすいと好評。とてもご満足いただけたようでした。

また入口脇のベンチはやはり使い勝手がとても良さそうですね。

洋型の石塔はインド山崎石と呼ぶグレー系。黒御影石ほど強めの印象を与えないので好む人も多い石種です。

両側に和型石塔が建っているため石塔の高さ自体は低めになりますが、外柵の形と相まって、とても雰囲気良く仕上がったと思います。時にこうした提案もいいですね。今後の参考にしたくなりそうなお墓になりました。

ご家族やご親戚の皆様にとり、どうかこのお墓が「かけがえのない存在」に育っていきますように。

このたびは建墓工事のご依頼をいただきまして、本当にありがとうございました。

※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら