2019年5月29日(水)


こんにちは。川崎市多摩区の石屋、吉澤石材店の吉澤です。

昨夜の雨が朝まで残り、土いじりには少し不向きな水曜日。川崎市の二つの市営霊園での作業を行ってきました。

午前は緑ヶ丘霊園で石塔・外柵工事の最後の仕上げ、敷石と踏み台の据付けをして作業を完了させてきました。詳しくは前のブログ記事い書き足していきたいと思います。

午後には早野聖地公園において、文字が彫れ上がったばかりの壁面型墓所の墓誌・名板・香炉の設置作業です。

…と、いきなり完成写真ですが(笑)

ここはあらかじめ壁部分と拝石部分に石が取り付けられた形で提供されます。そこに各部材を設置していく作業です。

今回使用した石はインド産のM1H(エムワンエイチ)。緑系で割と細かい石目の石材です。

ここ早野聖地公園の壁面型墓所でもよく使われていて、右隣のお墓も偶然ですが同じ石種ですね。幅・奥行き・高さが定められているので、微妙な形の違いはありますが、全体的な雰囲気はある程度似てきます。

今回納めさせていただいた形は本当にオーソドックスなタイプ。シンプルな形なわけですが、そのぶん変に飽きがくることもありませんし、お手入れもとてもしやすいと言えますね。

お墓という品の性質上、長く使っていくことを考えるれば、ある意味で完成されているといってもいいのかなと勝手に思っています。

名板は文字の縁を深めに彫り込み、文字の中を浅くブラストで吹いた「ふち彫り」(※名称はいろいろあると思いますが)。

画像処理の関係で見にくいかもしれませんが、家名彫刻をしました。

そして建て年号や建て月は令和元年5月。新元号の始まりの月にしてあります!

今回のお墓はインド加工を選択したので、加工精度もかなり良い状態で仕上がってきました。引渡し納骨はもう少し先になりますが、まずは無事に納められたので一安心といったところです。

お施主様におかれましては、壁面型墓所のご注文をいただきまして本当にありがとうございました。資料などを整え完成報告に伺いたいと思います。

(完成写真ではステンレス花筒と香炉皿が写っていませんが、これは納骨当日に持参する予定です)

※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら