2019年6月3日(月)


こんにちは。川崎市多摩区の石屋、吉澤石材店の吉澤です。

先週後半より、多摩区内の寺院墓地で墓所外柵のリフォーム工事に着手していますよ。

こちらのお墓はブロックでできた外柵に、黒御影石製の石塔が建っています。かなり年季が入っていますね。

この石塔を取りはずし、ブロック外柵を壊して新たに御影石製外柵をつくるのが今回のリフォーム工事の内容です。

建墓から年数は経っていますが、御影石製の石塔はしっかりとしています。リフォーム後も全く問題なく使っていけます。さらに使いやすくなるように、花筒や香炉の交換をしてバージョンアップを図る予定です。

まず解体作業は石塔の撤去からです。その後にブロック外柵の壊し。

石に比べて脆くて華奢なブロックですが、いざ壊すとなると実は石より扱いづらい部分もあったりします。

ブレーカーで砕きますが、柔らかい分どんどん突き刺さってしまって大きくドカッと外れなかったりするんです。石だと案外大きく外れたりするんですよね。そうはいっても粉々にし過ぎるのも割に合いません。なるべく大きめに壊せるように四苦八苦。

周囲を隣接のお墓や塀の基礎、通路に囲まれているため、深く埋まったブロックはなかなか容易に外れてくれません。

なぜ深く埋まっていたのかというと建立年の古いお墓だから。昔の無舗装通路からコンクリート通路ができたことにより、お墓が舗装厚分埋まってしまったからなんですね。

とりあえずは何とかすべて撤去できました。ブロック基礎の下端が想定よりも深かったため、思ったよりも手間取ってしまいました。

撤去し終えれば、あとは通常通りに割栗石の敷き込み→転圧といった流れになります。そしてD13鉄筋を配筋して改良マスと水抜き穴の設置。基礎コンクリートの打設と作業を進めていきます。

今日でひとまずこちらの現場は作業終了です。

この後は養生期間を取り、空模様と相談しながら据付けを進めていくようになります。

※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら