2018年1116日(金)


川崎市多摩区の石屋、吉澤石材店の吉澤です。

稲城市の共同墓地にてお墓の工事を終えてきました。外柵にG688・石塔と墓誌はインド山崎石を使って仕上げました。締まった雰囲気の良いお墓になったと思います。

こうしてみると平坦に見えますが、元の地盤は左に向かっての傾斜地でした。簡単に傾かないよう地盤補強を行っての施工になりました。

基礎コンクリートも大きな盤で石の重量を受けられるベタ基礎。D13鉄筋を配しています。

いつもなら作業場で行っているアンカー穴あけですが、段取りの都合で現場にて。コンクリ基礎に接する部分は、据付けモルタルの着きを高めるため石の表面を荒らしてあります。

もちろん据付けモルタルは水を適量加えてよく練ったもの。要所にはステンレス製の補強金具を取り付けます。

少しの手間をかけることで、なにもしない状態に比べればやはり丈夫さが違ってくると思います。

墓誌の受け石も配置。受石は墓誌の荷重をしっかりと受け止めてくれます。盛り土は水はけのよい川砂利を…と、いつもながらの作業を行って外柵は仕上げてあります。

あとは今日の石塔・墓誌の据付け作業。今日は久しぶりにトキン頭の石塔でした。

トキンなんて変わった名前ですが、もともとは山伏がかぶる帽子のようなものから来ているらしいですよ。

神道系のお墓によくみられる形ですが、すっきりしていてなかなかいいものですね。月末の百日祭に間に合ってほっとしました。当日はよい天気に恵まれてほしいです。

このたびはお墓を建てさせていただきまして、本当にありがとうございました。

※神道と言ってもこちらのお墓では香炉が付属しています。厳密に言えば神道ではお線香をお供えする必要はないのですが、実際にはお線香をあげてお参りされているケースも見受けられます。

※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら