2018年7月3日(水)


川崎登戸の川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

昨日、今日と多摩区内の墓地でお墓のリフォームを行ってきました。

施工前のお墓はこんな感じです。

IMG_5480

周囲に緑が多いこともあり、お墓の外柵(囲い)の内側は雑草がかなりはびこっています。広めなお墓ゆえ、毎年夏場の清掃はかなり骨が折れることでしょうね。

今回はその部分を根本的に解決するため、外柵内のコンクリート打ちを行います。

真ん中の石塔本体も、わずかに右に向かって傾いているので、石塔本体の三段(黒っぽい石)を取り外して据え直しも行います。

DSCN2098

石はかなりの重量があるため、現場用のクレーンを入れての作業。施工年が古いため、セメントで施工されているので吊り上げるのは容易です。

水あか清掃などを行ったのち、今度は弾性接着剤を使用して据え直していきます。各段で少しずつ水平を取り直して仕上げていきました。

セメント施工の今までと比べれば、丈夫さは数段アップしたことと思います。

DSCN2101

雑草対策のほうは、コンクリートが入る分だけ、盛り土表面を削り取っていきます。

そしてコンクリの割れ防止のため、ワイヤーメッシュもしっかりと配ります。コンクリ打ちの面積が広めになる部分では必須ですよ。

新たに左右の石塔前にも花立石を取り付けてみました。今までは塩ビパイプを転用した土刺しの花立だったので、花筒清掃などメンテナンス性もよくなります。

最後にコンクリートを流して作業は完了。以後、草むしりの負担はほぼなくなると思います。

雑草対策もその手段は数種ありますが、今回のようなコンクリート打設は一番手っ取り早く、金額的にも敷石施工などより費用を抑えられます。

そうしたことから、既存のお墓の雑草対策としてはおすすめだと思います。化粧砂利を敷きこめば、見た目も今までのお墓とほとんど変わりません。

こちらの現場、明日コンクリの上に化粧砂利を敷きこんだら、すべて終了となります。

(※古い石塔があるお墓などでは、狭い隙間の土を掻き出せないと、そこからわずかに雑草が生えてくる可能性があります。)

ohaka_boseki_line

7月4日(水)


本日仕上げてきましたので写真をアップしてみます!

DSCN2105

外柵内の緑(雑草)がなくなったので、とてもすっきりした印象になりました。「見た目の印象も変わらない」と書きましたが、その意味もご理解いただけますかね?

化粧砂利の下はコンクリートなので、もう砂利が沈んでしまう心配もありません。

お墓の雑草対策。こんな作業をよく行っています。是非お問い合わせください。

ohaka_boseki_line

※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら