2018年6月25日(月)


川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

前々回に更新した世田谷区烏山での大谷石外柵のリフォーム工事ですが、本日石塔の棹石と墓誌を据え付けてすべて終了しました。

IMG_5566

工事途中の様子。

大谷石製外柵を解体後、よく転圧して鉄筋の配筋。水抜きを配してコンクリートを流しました。

DSCN2040

こちらは石を据え付けた後の写真。まだステンレス製補強金具を取り付ける前の様子ですね。左側に据えてあるのは墓誌の重さを受けとめるための石です。

まさに、縁の下の力持ち的な存在(笑)

DSCN2078

従来の根(ね)石・均(ならし)石・羽目(はめ)石と三段で積まれた外柵から、低めでシンプルな外柵へと生まれ変わりました。

それにより、盛り土の高さは約45cm(1.5尺)から約30cm(1尺)へと低くなっています。手前側は一段と低く、敷石を敷いてフラットに仕上げてあります。

結果、石塔本体の位置は下がりましたが、逆にお墓参りはしやすくなっているかと思います。高齢の方でも足が引っかかる心配は少ないでしょう。

石塔の高さも、近くのお墓と比べても遜色ありませんね。

棹石も正面文字「○○家之墓」を切削して再研磨。「先祖代々之墓」へと装いが変わりました。

DSCN2077

これでこの小松石製の和形石塔は、姓が変わってもこのまま使っていくことができます。

この石塔も、リフォーム前の外柵も弊社で建立いただきました。世代が変わってもリフォーム工事をご依頼いただけて、とてもありがたく感じます。本当にありがとうございました。

近く、書類を整え完成報告をしてこようと思います。

 

あ、ちなみにパラソルを広げているのは、弾性接着剤を必要以上に早く硬化させないため。

これからの季節、30度超えの日々が多くなってきます。石も過熱して、すでに触っていられないくらいの高温になってきています。

目地作業の途中で表面に膜が張っては仕上がりが悪くなるので、色々と工夫しながらの作業を強いられることになります。

当然、人間も暑さに負けない工夫をしていかないといけませんね(笑)

ohaka_boseki_line

※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら