2018年3月28日(水)


川崎市多摩区の吉澤石材店、吉澤光宏です。しばらく更新があいてしまいました。

さて、月初に完成してお引渡しとご納骨を終えたお墓(多摩区の寺院墓地でお墓が完成です)ですが、ここのお宅のもともとあった古いお墓の解体作業を終えました。

場所は川崎市麻生区の市営霊園、早野聖地公園です。

DSCN1498

古いと言っても、昭和50年代半ばの建立で、40年は経っていません。御影石製の外柵なのでちょっともったいない感じもしますね。今回はお墓の引っ越しが絡んでいるのでやむを得ません。

ところで、お墓の解体作業とは早い話、今あるものすべてを取り外して更地に戻すこと。この作業、例えば特大の重機を持ってきてガツンとやれば、この4㎡のお墓もあっという間に片付いてしまうことでしょう。

しかし、それはあくまでも理論上の話ですね。

墓地の場合は周囲によそのお墓が隣接しています。そんなところに大きな重機が入るわけがありません。また、目的のお墓の解体が出来ても、周りのお墓まで傷めてしまっては元も子もありません。

よって一つ一つを手作業で丁寧に進めていく作業になります。我々石材店は石の性質をよく知り、その扱いに慣れています。周りのお墓にも十分気を配りながら作業を進めていきますよ。

DSCN1758

機械を使える環境ではその力を使って作業。外した石を吊り上げ、運搬車に積込んで搬出します。

そして解体を終えた墓域は、納骨室直下を30㎝以上掘り下げての確認作業。川崎の市営霊園では残留物がないかどうかを、職員立ち合いでこのように確認します。

DSCN1770

問題がないことを確認の後、転圧をして作業は終了になります。

DSCN1771

期限が押し迫ってになりましたが、これで一連のお墓の引っ越し作業(既存墓地の解体・撤去・処分+新規墓所外柵・石塔の建立)が終わりになりました。

明日、お施主様に報告をしようと思います。

ohaka_boseki_line

※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら