2018年2月15日(木)


魚上氷(うおこおりをいずる)。水が温み、割れた氷の間から魚が飛び跳ねるという意味です。七十二候ではちょうどここ数日がこれに当たります。

今日はまさにそうした春を思わせる気候になりました。同時に陽も延びて、現場もずいぶんと作業しやすくなってきました。

こんにちは。川崎市多摩区の吉澤石材店、吉澤光宏です。

10日ぶりのブログ更新になってしまいました。

さて、こちらは近く石塔に刻む文字。それぞれ川崎市多摩区、そして狛江市の寺院墓地に建墓予定の石塔に刻みます。

IMG_4505[1]

弊社で納める石塔や墓誌に刻む文字は、基本的に人間の書いた文字を使用しています。(一部例外もありますが。)

人の手による文字はコンピュータ文字と違い、書き手の色が出ます。そして味わいがあります。この「味わい」が「人間らしさ」というか「温かみ」を感じさせてくれます。

それをどこから感じるかと言えば、同じ文字でも必ずある「微妙な差異」。私はそう考えます。

同じ人が同じ時期に揮毫しても、人の手による文字には必ず違いが現れます。似ているようでも、それぞれの文字に表情があります。

上の写真でも一見、雰囲気は似ています。が、よく見るとそれぞれに違いがあるのがわかりますか。

こうした表情のある文字が石に刻まれることで、それぞれに味わい深い石塔の「顔」が完成します。

使用する石や石塔の形だけではなく、刻む文字からも無機質ではない、オンリーワンの石塔を目指す「道」があります。

思いのこもるお墓だからこそ、人の手による文字を石塔に刻みませんか?


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら