2017年12月14日(木)


川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

この2日間、川崎市営の緑ヶ丘霊園で6㎡墓所の解体工事を行ってきました。解体前はこんな雰囲気。(8月末に撮影なので草が生い茂っています。)

清山

先月末にお骨は取り出し、お施主様が引取り済みです。 段取りの関係で少し解体を待っていただいていました。

白河石製で、おそらく40年は経過しているような外柵です。

正面からはわかりませんが、石塔の裏側には結構な木が。間違いなく自然に生えてきてしまったのでしょう。完全に外柵を動かしていました。

IMG_3779

ちなみに、白河石はセメントの着きがとてもいい石です。つまり据付のモルタルとの相性がいいのです。そんな石でも動かしてしまうくらいだから、木の力は凄いものがありますね。

ただし解体には都合が良かったです。クレーンも横付けできる立地なので、作業するには申し分ありません。

IMG_3778

霊園の規定により、納骨室直下は30センチ以上掘り込み、何も残っていないことを確認しなければなりません。ちょっと掘り過ぎたようですが。

DSCN1567

この後、掘り下げた部分を機械で転圧。残った外柵の部材を撤去し整地をして作業は終了です。これでお施主様に作業の完了を報告できます。

このたびは吉澤石材店にご依頼いただきまして、ありがとうございました。

DSCN1576

さて、今回の解体は、ほぼ見積もり時に想定したとおりで進めることができました。

開けてビックリ玉手箱ではありませんが、解体作業は取り掛かってみないとわからない部分があります。そうした意味ではちょっとホッとしています(笑)

来週にはまた別の解体工事が控えています。そちらも想定通りに進められるといいのですが。


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら