2017年11月21日(火)


川崎市多摩区登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

先月末に手をつけ始めた緑ヶ丘霊園でのお墓のリフォーム工事。作業が終了したので、さっそく様子をアップしてみます。

今回は6㎡と言う比較的広い敷地のお墓です。既存の石塔・墓誌を取り外した後は、大谷石の外柵を解体撤去。

基礎コンクリート工事を行います。また、納骨室と右側・裏側の根石(土台)部分はコンクリート仕様。写真はちょうど納骨室と土台部分のコンクリートを流したところです。

大石

他のお墓工事との兼ね合いで、型枠をばらした後の養生期間もたっぷりととれました。御影石の部材と合わさる部分は、石・コンクリート共に荒らしてデコボコに。

モルタルの馴染みを良くするためです。モルタルを使う部分にはこの作業は必須だと考えます。

DSCN1444DSCN1445

石の下端(下側)にも筋状の窪みが入っているのがわかりますか?この部分に練ったモルタルが入り込むのです。

また、仕事の流れで今回は現場での作業になってしまいましたが、アンカーボルト用の穴あけも行います。ここにステンレスの補強金具を取り付けます。

こんなふうに石のつなぎ目に金具を取り付けました。

DSCN1453

根石とコンクリートのつなぎ目は、穴をあけてカスガイを入れます。何があっても大丈夫とは言えませんが、解体作業などの経験上、こんな小さな金具ひとつでもかなり違うと思います。

 

DSCN1456

見えない部分に細工を施しながら外柵の据付まで完了。

このあと柵内には土系舗装材を施工。これで後のメンテナンスはだいぶ楽になることと思います。

DSCN1473

石塔も水アカを落として、だいぶスッキリとした印象に。裏側の建立年月・お施主様名にも白ラッカーを入れ直して、見やすくしました。

古い石塔だったので、底の部分を削ったりしながら高さを調整。乗せたり外したりを繰り返し、思ったより手間どりましたが無事に据付け完了です。

最後の棹石(〇〇家之墓と刻んだ石のこと)には、免震パッド「絆」を使って据付けてあります。

DSCN1479

そして今朝、化粧砂利と雪見灯篭を据付けて完成になりました。

逆光気味なので少し見づらいですが、こんな雰囲気に仕上がりました。

IMG_3532

石塔・墓誌は既存のものをそのまま使用。お線香をあげる香炉と雪見灯篭は新設です。

以前はどちらも人造(練り物)でしたが、今度は御影石製。年数を経てもそう簡単に朽ち果てません。長く使用していけると思います。

IMG_3528

横かな眺めても違和感なく仕上がっていますね!

盛り土までの高さはほぼ変わっていませんが、羽目石という囲いが付いた分、ずいぶんと雰囲気が変わりました。

これから向こう何十年にもわたって、心配せずにお墓参りができると思います。

DSCN0787

来月のご納骨の際、お施主様に実際にご覧いただくことが楽しみです。

今回は吉澤石材店をご指名いただきまして、本当にありがとうございました。


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)
メール お問い合わせフォーム

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら
お問い合わせフォームはこちら

※過日、エンディングマガジンという電子書籍に『お墓の力と役割について』という文章を執筆しました。もしお目通しをいただけると幸いです。(¥300になります)
エンディングマガジン Vol.001 ENDMAG Kindle版