2017年7月6日(木)


こんにちは。

川崎市多摩区の吉澤石材店、吉澤光宏です。

緑ヶ丘霊園での外柵リフォーム工事は順調に作業が運び、終了しました。

DSCN1013

朝一で、外柵内にコンクリートを打設しました。水抜き穴を設け、ヒビ割れ防止のためにワイヤーメッシュを入れてあります。

水抜き穴から雑草が出るかもしれませんが、やっぱり水の逃げ場所は作っておきたいです。穴部分は防草シートを敷いて、午後から化粧砂利の敷き込みました。

お墓の雑草対策としては、比較的費用を抑えめに出来る方法ですね。ただし年数を経過すれば、石との際部分からの発芽などはどうしても起こりえますが。

DSCN1022

破損していた線香立てを、角型の香炉に変更。飛び石も少し高めに据え直して、見違えるようになりました。

土台部分が既設の大谷石のため、背の高い羽目石(囲い)は設けずに6㎝程度の石をまわしています。あまり古い大谷石に負担はかけたくないですから。

ただ、結果的にスッキリした印象になり、これはこれでなかなかよく見えます。

DSCN1017

少し離れての完成写真。

くすんだ色調の大谷石のお墓が、白い御影石のお墓へと変身しました。もともと建っていた御影石製の丸墓前灯篭一対と相まって、かなり立派に感じます。

近くお客様に完成の報告に行ってまいります。

このたびは工事のご依頼をいただきまして、ありがとうございました!

※大谷石外柵のリフォームについて

先日も書いたかもしれませんが、大谷石の外柵リフォームの場合、長く使っていくお墓ならば、やはり全面改修が理想的です。先へ行っての再リフォームなどの可能性が少なくなるわけですから。

ただし、なるべく費用をかけずに今現在のお墓を何とかしたいという場合には、色々な可能性などをご理解いただいた上で、傷んだ囲いや塔婆立ての取り外しを提案したり、今回のような部分的な改修工事を行う場合もあります。

そのお墓ごとに、使われている石の状態は異なります。いつでもこうしたことが可能とは限りませんが、大谷石製のお墓が崩れてきて困っている方は、一緒に対策を考えていきましょう。


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら