2017年6月18日(日)


こんにちは。川崎市多摩区の町石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

さて、ありがたいことに、新規の建墓工事のご契約をいただくことができました。

ご用命をいただけたからにはしっかりと準備をして、良いお墓に仕上げられるよう工事を行っていきたいと思います。

打ち合わせの中では、お墓に刻む文字を、ご家族の方が書いてみるというお話も出ました。これが可能なら、とても意義深いことだと私は思います。

家族が書いた文字を刻んだお墓に眠ることになるわけです。お亡くなりの方も必ず喜んでくれるはずですから。

それに、文字を書くことで、お墓づくりにより深く関わることにもなるからです。

d3619555a9b0313c4cef38313c6bc9f8_s

ただし、お墓の正面に刻む文字文字を書くのは、実はそれほどたやすくはないと思います。紙に書いて美しい文字=石に刻んで映える文字、というわけでもありません。

彫る部分と残る部分との大きさの兼ね合いなども、考えていくべきところです。

そうしたことから、おそらく何度も書いてみていただくことになるでしょう。

しかしだからこそ、気持ちも入るし思いが籠った文字になるはずだと思います。結果、より思い入れのあるお墓に仕上がってくれるはずですね。

大きさや文字の間隔などについてお伝えし、うまくサポート出来るようにしていきます。

 

さて、弊社で建立させていただくお墓は、文字については基本的に人間の書いた文字を使用しています。理由はコンピュータの文字よりも、味わい深い文字になるからです。

言い換えれば、生きた文字だから、とでも言いましょうか。

最近のコンピュータ文字もいろいろな書体が多くなり、それなりに見えるものも多くなったと思います。これが悪いというつもりはありません。

それでも、弊社ではお墓に刻む文字にはそれらを使うことはありません。あくまでも「それなり」でしかないと、私が思っているからです。

一度建てれば、少なくとも数代にわたってそこにあり続けるはずのお墓の石です。そうした場所に「それなり」でしかない文字を刻むことは、やっぱりしたくないんですね。

ここは石屋としての私のこだわりです。

 

今回は、お施主様ご家族が書いた文字をうまく生かし、大切なお墓作りをしていく予定です。完成した姿を見るのがとても楽しみです。

このたびはご契約をいただきまして、本当にありがとうございました。


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら