川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

いきなりですが、置き灯篭です。特段珍しい形ではありません。

形は角型もありますが、これは丸型。

IMG_2103[1]

お墓の灯篭というと、比較的背の高いものをイメージしがちかもしれませんね。例えば、こんな感じで…。

IMG_2185[1]

これは丸墓前と呼ばれるタイプの灯篭です。こうした背の高い灯篭は、敷地に余裕がある墓所向きだと私は考えます。(どちらかというと、という意味でですが。)

入口が狭いところに背が高いタイプの灯篭があれば、人によっては圧迫感を覚えるかもしれません。場合によっては、出入りに差し障りが出る事も考えられるからです。

冒頭の置き灯篭は、そうした可能性は低いと思います。

直置きにしてしまうと微妙ですが、門柱のあるお墓などにはピッタリです。

置き燈籠

背丈が低いため、転倒のリスクも低くなります。かつ、丸型の場合は角がないので、ぶつかって怪我をする事も考えにくいですね。

お墓に灯籠を、と思う方は、置き灯篭の存在を覚えておくといいかもしれません。

今日はこのあたりで失礼します。


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら