川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

さて、今まで何度か書いていた、御影石製のペーパーウェイトが出来上がりました。

IMG_2062[1]

お墓じまいで墓地を解体するため、今まで自分の家のお墓だった石を、手元に置いておけるよう再加工して出来上がった品物です。

今まで手を合わせてきたお墓の石だからこそ、片付けてああスッキリ、これでお終い…というのでは何だか少し寂し過ぎるような気がします。

実際に、メモリアル的な意味を込め、何らかの形で残したいという人も大勢いらっしゃるのです。各地の石材店さんでも、こうした依頼をされることは、今や珍しいものではないと思います。

複雑なものになれば、それなりに費用がかかるかもしれません。しかし、シンプルなものなら自社工場で対応できるため、さほど高額にならずに済むことでしょう。

リ墓ーン(読みはリボーン)。

これはただの「石」で出来た品物ではありません。亡き人の象徴として親しんできた石を、廃棄処分することなく活かす。その想いを繋げていくための品だと考えます。

お墓はお施主様にとって、何よりのパワーストーンでもあります。

つまりこの品はペーパーウェイトの形をとっていますが、持ち主(お施主様)にとっては、小さいながらもパワーストーンと言えると思います。

きっとこのお施主様にも喜んでいただけるはず。さっそく明日にでもお届けに上がります。

※過去記事はこちらです。
片付けたお墓で思い出の品を。
石に託した「想い」を繋ぐ‐そんなカタチはいろいろある。

※リ墓ーンは商標登録出願中です


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら