川崎市多摩区の吉澤石材店、吉澤光宏です。

ここのところ、お墓の解体が続いています。今日のターゲットはこちらのお墓です。

DSCN0403

約50年ほど前に、弊社で施工させていただいた大谷石の外柵です。しかし、お墓じまいではありません。

古く朽ちてきた大谷石外柵を御影石の外柵へと作り変える、リフォーム工事です。

このお墓は敷地サイズが、間口・奥行きとも約1.8m。

この広さのお墓の場合、御影石へのリフォームになると、ほぼ石塔(墓石)も取り外して、一旦更地に戻すことになります。

DSCN0610

お墓って、思ったよりも多くの部材で出来ています。取り外していくと、それが実感できます。一番上の囲い(羽目石・はめいし)を外しただけでもこんな感じです。

これに二段目(均石・ならし)、一段目(根石・ねいし)があり、それとは別に納骨室や階段・塔婆立といった部材も。

かなりの量だということが、ご理解いただけるでしょう。

一枚目の写真では、根石部分はほぼ、通路のコンクリートに隠れてしまっていますね。施工年が古いお墓では、こういった状態なのは珍しくありません。

お墓の方が先に完成し、あとで通路がコンクリート打ちされたため、埋まってしまったということです。

周囲も隣接するお墓の基礎コンクリートに巻き込まれているので、この状態では柔らかめの大谷石でも、取り外しに少し難儀します。

DSCN0613[1]

結局、根石の数本が残ってしまいました。明日はこの取り外しから転圧、そして鉄筋組み等、作業を進めていく予定です。

しっかりとした基礎コンクリートになるよう、一つ一つの作業を確実に行ないたいと思います。


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)

トップページはこちら
早野聖地公園 壁面型墓所の特設ページはこちら