川崎登戸の町石屋、吉澤石材店です。

多摩区にあるお寺さんで、新規墓所の基礎工事を済ませてきました。

間口に比べると、奥行が長めな少し細長い敷地。お墓の重量を受け止められる、しっかりとした基礎工事が必要です。

DSCN0388

既定の寸法を掘り下げ、割栗を並べて、ランマーという機械で地盤を締固めます。

「やり方」という木の枠を設け、各工程で高さを管理していきます。

DSCN0390

高さが決まれば、あとは鉄筋を配り結束。弊社で使用する鉄筋はD13と呼ばれるもの。これを基本、井桁に組み、斜めにも配筋していきます。

D13鉄筋は、墓地工事では太めな鉄筋です。

DSCN0398

あとはコンクリートを流します。鉄筋とよく絡むよう、気を付けながら均していきます。コンクリート高さが決まれば、やり方をばらして基礎工事の作業は終了ですね。

このあとはしばらく養生期間を置き、石の据付けに入っていきます。

お墓の基礎は、出来上がるとほぼ見えなくなってしまう部分です。それゆえ、あまり顧みられることのない、地味な部分でもあります。

写真に撮っても、あまり絵になるシーンではありませんね。

ですが、お墓にとって、まさしく縁の下の力持ち的な存在で、とても重要なところです。

目に見える部分はもちろん、見えない部分も同じように大切なお墓づくりの作業。疎かにせず、一つ一つの工程を丁寧に行ってまいります。

お客様には、どうかご安心をいただければと思います。


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)

トップページはこちら