川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤光宏です。

前回のブログでは、お墓参りの時のお線香の量について、ちょっとだけ書いてみました。

硬い御影石は火が苦手。そんなことも、知っておいていただきたかったものですから。

ohaka

さて、それはともかくとして、お墓参り時にお線香に火をつける作業。場合によっては少し大変なこともありませんか?

普段は100円ライターなどでも、特に問題ありませんね。紙をひねって火をつけ、その炎でお線香に火をつけている方も目にします。

でも、風のある時などはなかなか難儀しませんか?風に煽られるし、何かに燃え移ったりしたらえらいことになりかねませんし。


ちなみに、私たちはこんなガスバーナーで火を点けています。バーナーなら風の影響は受けにくいですし、一気に着火できます。

DSCN0369[1]

ただ、一般の方には、こんな業務用のものをお勧めはできませんね。

口の部分も過熱され熱くなりますし、持ち運びに不向き。また、不慣れな人だとかえって思わぬ事故につながりかねません。

そうしたことで、一般の墓参用には下の写真のような品物がお勧めだと思います。

DSCN0370[1]

ターボライタータイプのお線香ライターです。普通のライターと比べて、スイッチを押す指も熱くならないので安全です。

炎も揺らぎませんし重宝です。

高価なものではないので、一つ用意しておくと、よりお墓参りがしやすくなると思います。

 

お線香も先が斜めにカットされ、火を点けやすくなっているタイプもあったりします。前回アップした写真ですが。

image

ちょっとのことですが、実際にだいぶ着火しやすいです。

それぞれ不可欠というわけではないですが、あると便利なものを何度かに分け紹介してみました。

ぜひご参考ください。


※最後までご覧をいただきまして、ありがとうございます。

似顔絵現地確認。お見積り・ご提案はすべて無料です。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏

ご相談・お問合せは、お気軽にどうぞ。
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります)

トップページはこちら