川崎市多摩区の吉澤石材店です。

今日はご納骨二件、お骨の取り出し一件の予定があり、そのお手伝いで多摩区登戸とお隣の狛江市のお寺さんに行ってまいりました。

やはりお休みの日はご法事が集中するものです。よくこのブログでも書いていますが、予定が決まったら、早めに石材店にも連絡されることをお勧めします。

さて、作業の方は滞りなく終了しましたが、お骨の取り出しを行ったお墓は20年くらい前に作らせていただいたもの。外柵は新規でしたが、お石塔は鹿児島県からやってきました。

IMG_1391[1]

 

手前側のお石塔はご親戚のもので、同じく鹿児島から。安山岩系ですが見たことのない石。いまだに何という名前かわかりませんが、大きくて立派な作りです。

お施主様によると、目の前に桜島を望める鹿児島市の市営墓地に建っていたお石塔だそうです。転居に伴い、はるばる一千キロ近くの距離を超えて来たということになります。

今でこそ『墓じまい』の一言で片づけられてしまいがちですが、行先のお墓に収まるような寸法なら、こんなふうに使っていくことも可能です。(行き先がどこでも再利用できるとは限りません。古いお石塔を持ち込めない墓地もあります。)

IMG_1393[1]

関東の石塔とは少し寸法比率も異なりますが、これはこれで縁ある土地のつくり。お施主様にとっては、お墓参りのたび肉親との絆を感じることができるのかもしれませんね。

コケは生えていますが、まったく朽ちてはいません。家紋のあたりもしっかりとしていて、まだこの先十分使っていくことができそうです。

遠い地からやってきたお石塔が、東京の地で更に20年。こうして今でも胸を張って建っています。そう思うと何だかちょっぴり愛おしくなりました。

これからも現役として頑張ってほしいです。

また、よろしくお願いします。


似顔絵ご相談・お問合せはこちらまで。
(有)吉澤石材店 吉澤光宏
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります。お気軽にどうぞ。)

トップページはこちら