川崎市多摩区の吉澤石材店です。

昨日ご納骨があり軽く始動と言っていましたが、今日は少し用があって都内に出てきました。

その途中、世田谷沿線にある名刹、豪徳寺に足をのばしてきました。

img_1007

世田谷線。ローカルな雰囲気が素敵です。

img_09821

豪徳寺 山門

駅名では知っていても訪れたのは初めて。

曹洞宗のお寺なので落ち着いた雰囲気。本堂以外に仏堂や三重塔、書院、鐘楼もあり、とても立派なお寺です。ここが世田谷区とは思えないくらい広々しています。

彦根藩井伊家の菩提寺としても知られていて、二代目藩主井伊直孝以降の歴代藩主の墓所もこの境内にあります。

img_09971

井伊直弼公の墓所。幕末の大老として有名。(都史跡)

数多くの一般墓所も隣接していたので、なんとなく一回りしてみると・・・。多くのお墓には生花が供えられていました。

もちろんその確認をしに来たわけではありません。

でも皆さん、きちんとお正月にお墓参りをされていることがわかります。また、昨日も新年の挨拶回りに伺った出入り寺院さんで、お墓参りの人々をたくさん見かけました。

いろいろとお墓に関するネガティブな話も耳にはします。それらは確かに事実の一端ではあるかもしれません。

しかしあくまでも『一端』であって、『すべて』を表しているかと言えば決してそういうわけではないと思います。

お墓参りはまだまだ習慣として根付いているし、人の心にご先祖や亡くなった家族を大切に思う気持ちが残っているのではないかなと感じました。

お墓は亡き人そのものであり、シンボル。そこで手を合わせて祈ることで、気持ちが救われることもあるということを知っていただきたいです。

 

そうそう、豪徳寺と言えば有名なのは招き猫(招福猫児・まねぎねこ)。

招猫殿という招猫観音を祀るお堂の脇にはズラリと招き猫が奉納されていました。

img_09911

奉納された招福猫児(まねぎねこ)

実際に拝見してすごいなと。この写真だけではすべて収まりきれません。4,5倍くらいはあるでしょうか。

img_10561

うちにやってきた招福猫児。なかなか可愛らしい。

こんな光景を見ては我慢できません。当然、私も一つ手に入れてまいりました。

願いがかなった暁には、こちらの招福猫児さんたちの仲間に加えていただこうと思います(笑)

まだもう少し店舗は休業ですが、明日は現場確認やお客様のところへ伺ってみようと思います。

また、よろしくお願いします。


店舗は10日より通常営業ですが電話は繋がります。ご用の際にはご連絡ください。
繋がらない際には後ほど折り返させていただきます。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります。お気軽にどうぞ。)

メールでのお問い合わせはこちら
トップページはこちら