神奈川県川崎市の吉澤石材店です。

大晦日も夕刻。もう酉の羽ばたきが聞こえるくらいに、2017年が近づいてきています。

先ほど、年間で代理墓参と清掃を依頼いただいているお墓にいってまいりました。

img_0915

もう10年以上にわたって管理をさせていただき、特に年末にこのお墓にお参りをしないと、年を越せないような気持ちになったりします。

ちょっと妙な話に思われるかもしれませんが、なんとなく愛着を感じるようになっているのかもしれません。

ここの墓地を仕事で訪れても、時間があると様子を確認したりしています。おかげで特段傷んだ箇所を見つけることはまずありません。

さて、昨今お墓を含めた葬送に関する選択肢はずいぶんと広がりを見せてきました。

お墓に対する人々の思いもずいぶんと変化したように言われることも多いですが、果たして本当にそうなのでしょうか。

確かに表面的な事象に関してはそうかもしれません。

ですが、お墓なんてどうでもいい。本当の意味でそう考える人は、おそらくかなり少ないものと想像します。

顧みることがなくなってしまった事柄に対して、人は関心を薄れさせてしまう部分があると思います。

色々な事情でお墓に足繁く通うことは、確かに難しいかもしれません。

でも時に先祖に思いを致し、顧みる。そんな心の余裕を持ち合わせていきたいと感じました。

そして、そうした事を気づかせてくれる時期が命日であり、お彼岸、お盆、年末年始なのかもしれないですね。

 

今年も一年間お世話になりまして、本当にありがとうございました。

来る年が皆様にとり、素晴らしい一年でありますように。

また、よろしくお願いします。


年末・年始の急なご用の際にも、一度ご連絡ください。
繋がらない際には後ほど折り返させていただきます。

(有)吉澤石材店 吉澤光宏
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります。お気軽にどうぞ。)

メールでのお問い合わせはこちら
トップページはこちら