川崎登戸の町石屋、吉澤石材店です。

一週間前に基礎工事を終えたお墓の外柵が入荷してきました。

明日からはそちらで据付作業に入る予定なので、梱包を解いてすべて検品と下ごしらえの作業を行いました。

img_02891

上の写真は切削機で厚過ぎた部材を切削している様子。実は作図をするときに寸法を厚めにとりすぎていました。

お恥ずかしいのですが、よく確認したつもりでも時にはこんな間違いがあったするんですね。これは完全に私のミスです。

厚いぶんには調整可能なので、同じ間違いでも寸法足らずではなくて助かりました。しっかりしなくては。

こんなふうに設計側・作製側を問わず、何らかの間違いや梱包不十分による欠損などの可能性は必ずあります。もあるために、どうしても検品作業は欠かせません。

検品と並行して補強用のアンカーボルトの穴あけ、根石下端(基礎コンクリートに接する部分)の荒らしなどをおこなって準備完了です。

img_02901

現場への道中、石を傷めないように積み込みはしっかりと固定。これでOKです。

現場用のカニクレーン(緑の機械)も一緒に積んだら、3トン車の荷台は満載ですね。

現場でも慎重な作業で石を欠かないように気を付けねば(笑)

また、よろしくお願いします。


ご相談・お問合せはこちらまで。
(有)吉澤石材店 吉澤光宏
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります。お気軽にどうぞ。)

トップページはこちら