川崎登戸の町石屋、吉澤石材店の吉澤です。

狛江市で行っていたお墓のリフォーム工事、昨日基礎コンクリートの打設をしてきました。

今回のお墓は既にお骨が数柱納めてあったので、納骨室は棚の上下に納骨可能なように深いタイプに仕上げます。

pa120005

一度土を掘削して周囲(外柵部分)用に高さを揃え、玉石を敷きこんだ後にランマー(オレンジ色の機械)で転圧します。

この転圧を十分行うことが基礎工事では大切なポイントの一つです。

その後、納骨室の基礎コンクリート打設。

img_0220

出来れば周囲と一緒にコンクリ打ちを行いたいですが、周囲の基礎と重なってしまう(お墓の奥行き寸法によってですが)ため、先行してこの部分だけを行いました。

そして一日おいて、今度は周りを。もちろんいずれの基礎コンクリートにも、鉄筋をしっかりと入れて工事してあります。

pa130036

この後、コンクリートが落ち着くまで、しばらく養生期間をとることになります。この養生期間と言うのも、ただ勿体をつけているわけではありません。

先に挙げた転圧と同じように、基礎工事ではとても大切な部分なのです。

表面が少し落ち着いたからといって、すぐに作業を進めてしまうのは避けなくてはなりません。

少なくとも節度ある時間は置いてから外柵の据付作業に入っていきます。

またリポートしてみますのて、よろしくお願いします。


ご相談・お問合せはこちらまで。
(有)吉澤石材店 吉澤光宏
電話 044-911-2552 (携帯転送なので外出先でもつながります。お気軽にどうぞ。)

トップページはこちら