こんにちは。川崎市の町石屋、吉澤石材店です。

現場仕事が可能な日々が続いています。仕事面では順調に運ぶのでありがたいですが、夏場の水不足の原因にならないか少し気になるところでもありますね。

さて、今日は朝一番で多摩区のお寺さんに向かい、石塔の据付け工事を行ってきました。こちらのお宅は来月初めにご法要ですが、それに間わせることができ一安心です。

IMG_9268[1]

弊社で施工する石塔(墓石)は、新規の場合必ず接着剤と墓石用免震マットを併用して据付けします。

地震発生時の不倒を約束するものではありませんが、無対策の石塔に比べれば丈夫なお墓に仕上がると考えます。(古い石塔の再据付の場合は、石塔の材質や仕上がり具合により適応外の場合もあります)

また、午後からは依頼をされていたお墓の掃除に行ってきました。

IMG_9263[1] P6270096

外柵は崩れそうなので注意しながらの作業です。外柵内に生えている雑草を取り除き、万成石の石塔をきれいに拭き上げてきました。(本格的なクリーニング作業とは違い、水アカなどの頑固な汚れは落とせません。)

また依頼されてはいませんでしたが、よく見ると墓誌が少し前のめりに「お辞儀」をしていました。そこで一度はずして再据付。水平を取り直しました。

お墓は必ずしもメンテナンスフリーというわけではありません。長い年月のうちに多少不具合も出てくるものです。こうした事象を目の当たりにした時も、以前に自社でお世話になったお墓だからこそ愛着をもって接することができます。

近くお戒名を刻む予定ですがその作業もしやすくなりました。

外柵が傷んでいて、いずれは作り直すことになるとは思いますが、その時まで余計な不具合が起きてほしくないものですね。

また、よろしくお願いします。


トップページはこちら