こんにちは!川崎市は多摩川沿いのまち、登戸にある石屋、吉澤石材店です。

最近書き出しはいつも天気の話ばかりになっています。今の時期、石材店には天気がとても気になる季節なんです。雨が続くと現場が完全にストップしてしまいますので。

でも、ここのところ不安定ながらも一日雨ということも少ないので、様子を見ながら現場作業を少しずつ進めてきています。あまり進み過ぎてもかかるべき仕事を消化しきってしまうのも怖かったりするのですが(笑)

さてそんな中、狛江のお寺さんでの外柵リフォーム工事、墓誌の文字が彫れたので据付けと仕上げに行ってきました。

yoshizawasekizaiten② P6250018
完成予想図と比べてどうでしょうか。大体それらしい雰囲気に仕上がったように思います。色は実際には白っぽく見えますね。シンプルな作りですが、墓誌もついて立派になりました。

正面に個人の戒名を刻んであった石塔の棹石も、三面磨き直して正面に『〇〇家之墓』と新たに彫刻。長期にわたり使われてきた国内の石は、磨き直しての再使用にも十分耐えてくれます。またこれから長い間使っていけるでしょう。

yoshizawasekizaiten① P6250014

もう一つのお墓も自社で作った香炉と花立を取り付けて完成。以前のプラスチック製ネジ式の花筒から、ステンレス製落とし込み型に変更して、使い勝手がずっとよくなるはずです。

石塔もコケやカビが落ちて、思った以上にきれいになっています。こちらもまだまだ現役で行けそうですね。先行き、もし石塔を新たに建立する際にも対応できるように芝台は御影石仕上。墓誌を追加するための準備もしてあります。

どちらも立派なお墓になり、これから相当の年月にわたって安心してお墓参りをしていただけるようになりました。ご先祖様をお祀りするお墓がしっかりとリフォームできたという安心感とあわせ、きっとご両家の幸せにもつながっていくと信じます。

また、よろしくお願いします。


トップページはこちら