P6080071

こんばんは。川崎市多摩区の吉澤石材店です。

今日は梅雨空から解放され、久しぶりに石塔建立に近くのお寺さんに行ってきました。和型でも洋型でもない石塔で、『縦洋型』あるいは『位牌型』などとも呼ばれる形状です。

ここ10数年で、こうした形(加工や細かい形状、石の段数はそれぞれです)を選ぶお客さんは増え、特に珍しい形ではなくなりました。

和型の石塔ではなく洋型がいい。でも背の低さが気になるな、という人には受け入れやすいのかもしれません。

洋型は低めの安定感あるシルエットが最大の特徴です。幅広なのでそれなりに存在感もあります。ただし隣近所のお墓に背の高い和型の石塔が並んでいると、「小さい」「低い」と感じてしまう人もいるのでしょう。

その点、縦洋型の石塔はそれなりに高さがあります。隣に背の高い和型墓石が建ってもさほど見劣りもしません。

今回はスクエアな形がお施主様のご希望だったので、余分な装飾や加工をせずシャープな印象になるように作図してみました。真壁小目石(国内加工)の石塔なので加工代も少なめになり、金額も低めに抑えることができました。

施工もコーキングと呼ばれる接着剤を使い、免震材を併用。目地もきっちり仕上げたので永く建ち続けてくれると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

余談になりますが、たまたま昨日建立後80年弱の真壁石製石塔を自社工場で磨き直しました。再研磨で見違えるほどツヤがよみがえりましたし、石そのものもほぼ傷んでいませんでした。

13343024_1039529486141420_470371014983713170_n

文字の刻んであった部分だけは少しだけ黄ばみが残っていましたが、ツヤは完全に戻っています。

こうした長持ちする石を、今現在良しとされる工法を用いてしっかりと施工する。それが大切ではないかと考えます。

また、よろしくお願いします。


※接着剤の耐用年数もあるので完全メンテフリーというわけにはいかないと思います。免震材を入れての施工でも、大地震で絶対倒壊しないということではありません。無責任な空手形は切れませんので、いつもお客様にはこんな話をしています。

トップページはこちら