IMG_8914

こんばんは。川崎市多摩区にある石屋、吉澤石材店です。

ここのところ工事のご注文をいただいたタイミング、石材の納品などの関係もあり、妙に基礎工事に勤しんだりしています(笑)

そうした背景もあり、昨日ご契約をいただいた麻生区でのお墓工事ですが、さっそく基礎工事に取り掛からせていただきました。

実際の納期はまだ先なのですが、このあと梅雨に入ります。雨が降って土が水を含むと、ランマーという機械で転圧しても地盤がブヨブヨになってしまい、うまく締固められないこともあったりします。

品質管理の面から考えると、やはり基礎工事は雨以外の時に施工したいもの。お施主様にはそのあたりをご説明してご承知いただきました。

新規のお墓工事の場合には早めに基礎工事にかかることもでき、石材店にとっても段取り面で助かります。(古いお墓を解体しての工事の場合、あまり長い期間解体した状態で置くことはできないです。お墓がない状態が続いてしまうことになりますから。)

あとは据付工事を残すだけの状態になっていれば、雨があがれば作業可能になります。基礎コンクリートの養生期間も充分に取れ、納期的にも不確定要素が減るので心強いです。

さて、写真は転圧が終わり鉄筋を組んだ様子です。異形鉄筋を井桁に組みしっかりと結束しました。

お墓の立地にもよりますが、地盤に問題がなければ通常15㎝~18㎝程度のコンクリ厚を確保すればまず不同沈下の恐れはありません。(注:川崎近郊での話です。コンクリ厚は地域差があります

この基礎コンクリートの上に外柵・石塔と据付けていくのが楽しみです。

明日も別の現場で基礎工事予定。それが終われば、いよいよ別案件の石材が入荷してきます。少しご無沙汰気味の据付工事に取り掛かることができます。頑張ります!

また、よろしくお願いします。


トップページはこちら