出社していたところ、先日工事契約書をお届けしていたお客様が来店くださいました。契約書にご署名ご捺印をいただき、これで石塔の発注・文字の手配と進めていくことになります。ありがとうございました。

今回はご家族が亡くなってからの建墓。川崎市多摩区の寺院墓地に縦洋型の石塔を建立させていただきます。

シンプルながら面取りを少し工夫し、スクエアでスッキリした印象のお墓になるはず。お施主様のイメージにそったお墓になると期待しています。

四十九日法要には間に合いませんが、それ以降のなるべく早い時期の完成を目指します。

IMG_8748[1]

さて、だいぶ数は限られてきたものの弊社の展示場にもいくつかの石塔が並んでいます。

この中で選択していけば石塔製作にかかる時間が削減できるので、四十九日に間に合わせることが可能(ただし亡くなってから時間が空くと厳しくなってきます)になります。また現物をご覧いただけるので、石目も見本と違うなどの心配はありません。

反面、ゆっくりと思案する時間が制限されることもご理解していただくことになります。あるものの中で決めるので、石の種類や形は限られます。彫刻文字・内容などについても可及的速やかに決めていかなくてはなりません。

お墓づくりに関しては、時間をかけてじっくりと決めていきたい人もいるでしょう。また、ある程度短時間で決めて区切りをつけたいと思う人もいるはずで、どちらが正しいということではないと思います。

そうしたことから考えると、納得できるお墓を建てたいと思う方には、寿陵を言われる生前墓をお勧めしてみたいと思います。

時間的余裕がありさえすれば、材料・加工地・形・彫刻内容などすべてが良いと思う選択をすることができます。もちろん、墓所が決まっていなければ、場所選びからしっかりと検討していくことが可能です。

まだまだ先だと思っていても、準備は早い段階からするに越したことはありません。お墓のことでわからなかったり迷うようなことがあれば、ぜひお尋ねいただければと思います。

ご紹介できる寺院もありますし、お力になれることがあるかもしれません。

また、よろしくお願いします。


※小さな石材店のため、現場工事で不在にすることがあります。もしご来店いただく場合は、前もってご連絡をいただければ幸いです。

連絡先TEL 044-911-2552(転送で受けることができます)

トップページはこちら