IMG_8443[1]

ここのところ見積もりをする中で、お客様から国内の石はどう?と聞かれることが続きました。

まだ話が決まったわけではありません。外国産の石になるかもしれませんし、工事自体が決まるかも未定。それでも先ず国産材に興味を持っていただけること、これが率直に言って嬉しいです。

石材店はお墓を建てることが大きな仕事の一つ。弊社でも材料の石が外国産・国内産を問わず、同じように丁寧に仕事をします。基本、どこの材料であっても使用する石に愛着をもって接していたいと考えます。

それでもこの国に生まれたものの一人として、日本の石にはより愛着を感じ身近に感じることを禁じえません。そうした意味において、(個人レベルの感情ですが)日本産の石を扱うことができれば幸せです。

国産材の場合は外国材に比べればどうしても割高になります。遠くの産地からでは輸送費用なども余計にかかったりします。でも、その石の性質をしっかり理解している職人が、気持ちを込めて加工をするという安心感。この一点だけとっても選ぶ価値があると私は思います。

そして選んだ満足感もきっと高いものがあるだろうと思います。

もちろんお墓の石を選ぶ時には様々な尺度があるもの。そして価値観は人それぞれ。外国産の石で作ったお墓だって十分に価値があります。実際に弊社でも外国産の石を使用したお墓を建てています。どちらが上でどちらが下という話ではないことを理解してください。

お墓を建てる時に、どの石を使っていくのか。これについては石材店と話を詰めていく中でよく検討し、自分にとっての一番価値ある石を探していけばいいと考えます。

上の写真はたまたま弊社にあった白御影石を並べてみた様子です。これで全てではなく、まだ一部です。他にも黒御影石や色のついた御影石など含め、たくさんの日本の石があります。

また、よろしくお願いします。


国内産の石でお墓を建ててみたい。そう考える方はぜひ『良材建墓』のサイトもご覧ください。

また国内の石については別にこのブログ内でも記事を書いています。こちらもご参照ください。

国産の石をお勧めする理由

トップページはこちら