IMG_8167[1]

街中を歩いていると、思わぬところで小さなお宮や祠に、またお地蔵様・道祖神様といった石造物に出会うことがあります。これは神様が仏様が人々の身近な存在として信仰を集め、その地域を護ってきてくれた証でもあると思います。

こうした祠などを見ると、よく見るとけっこうな割合できれいに花やお供え物が上がっていたりしています。もちろん勝手にお供えが上がるわけはありません。地域の方が大切に手をかけているからこそです。

改めて考えると、いつも護られていることを忘れがちなのが恥ずかしい。大事なことを忘れていた気分です。今日は世話をしてくれている方に感謝の気持ちも込めてお賽銭をあげてきました。

こうした部分を担ってくれている方も、時を経るにしたがってだんだんと少なくなってくるのかもしれませんね。

写真は登戸の北向地蔵と馬頭観音です。登戸の町にもこのように信仰を集めるお地蔵様や神様が何か所もあります。区画整理が成っても大切にしていけるといいと思います。

ご先祖様にも神様にも思いを致す時間を忘れないようにしなくては。自戒の意味を込めて今日はこんなことを。

また、よろしくお願いします。


なお、今日・明日と店舗はお休みをいただいております。
明日は納骨があり、作業などで出社予定です。急な御用の場合にはご連絡ください。
TEL044-911-2552

トップページはこちら