IMG_7986[1]

万里の波濤を越え、インドから石塔が入荷してきました。弊社では昨年7月以来、インド加工の石塔は8カ月ぶりです。文字彫刻は日本の職人の手で行い、多摩区の寺院墓地に建立します。

IMG_7987[1]

このシールはインド加工製品の証。顔入り太陽が某南印度洋行さんのマークであることは秘密です(笑)

HPのブログではインド加工の石塔について書いていなかったかもしれませんが、出来上がりの精度や品質についてはとても良い印象を持っています。(アメブロでは何度か書いていますので良ければこちらこちらもご参考ください)

私も以前2回ほどインドの工場(別会社です)を視察していますが、特に磨きの良し悪しがはっきりとわかる黒系統の石もしっかりと磨けていたことを思い出します。とにかく細かい部分の仕上げはとても丁寧ですね。

もちろんインド加工だからと言って、そのすべてが安心というわけじゃありません。人が仕上げるものゆえ、中には今一つな製品が混じる可能性もあるでしょう。

そこで大切なのが検品作業。しっかり見極めることが良いお墓づくりには欠かせないと信じます。そうした意味では現場で開梱なんてもってのほか。この石塔も早めに開梱し、天日の下で確認したいと思います。

 

それはそうと・・・

弊社の置場も宮城県や福島県の石、茨城の石、中国の石、そして今日来たインドの石と多士済済。今は少しにぎやかな状態になっています。

石の産地も加工地も、そして価格もそれぞれ違いますが、すべてお施主様が選ばれた石。大切に扱ってよいお墓に仕上げたいと思います。

IMG_7989[1] IMG_7988[1] IMG_7990[1]

また、よろしくお願いします。