今日、この日に福島県の石、滝根みかげの石塔が入荷してきました。もちろん国内、福島県の工場で加工した品、正真正銘の Made in JAPAN です。(写真手前側が滝根みかげ)

IMG_7854

弊社では初めて扱う石種ですが、この石に関しては心配していません。それは以前にこの石で出来たお墓をリフォームした経験から。その石塔は40年近く経過していながら、手元にあるサンプルとほぼ印象が変わりませんでした。

ずっと紫外線と風雨にさらされていれば、いくら石でも多少の雰囲気は変わります。もちろんこの滝根みかげも全く変わらないと言っているのではありません。でも年数を経たわりにそう雰囲気が変わらないということが、この石が良材であることをあらわしていると思います。

IMG_7855

実際に見てみると白御影石とはいえ色が濃く、石目もはっきりとしていることがわかります。ツヤの乗りも良く、はやく完成した姿を見てみたい気持ちになります。

それとあと一つふれておきたいのは、この滝根みかげのふるさと。あの川内村です。

20160311174615104_0001

 

この記事にあるように、東日本大震災の後にはかなりの風評被害を受けたそうです。もちろんそれは滝根みかげばかりではないでしょう。また風評ばかりではなく、残念ながら採掘中止に追い込まれてしまった石も福島県にはあります。

あれから5年。今、復興までの道程のどのあたりにいるのでしょうか。

3月11日を迎えるたびに東北の石を応援してあげたい気持ちが強くなります。

どうぞ福島の石をよろしくお願いします。


 

滝根みかげの記事を書いています。こちらもご参考下さい。

多摩区登戸の寺院墓地で石塔工事が完了です

トップページはこちら