わが川崎には、市内中学生を対象とした「技能職者に学ぶ」という職種別講座があります。

これは川崎市技能職団体連絡協議会(石材組合も所属)が川崎市と連携して開催、後継者育成事業としての位置づけもあるイベントです。参加する職種は多岐にわたり、美容や食品の関係なども。

今日は石工職の講師役として、麻生区の白鳥中学校に行ってきました。

若い人たちにとってあまり馴染みがないであろう石工という職業。少しでも知ってもらえるチャンスでもあります。

IMG_7729

IMG_7728

内容は石屋の仕事についての講義と実技指導。実技はライムストーン(大理石)を使った表札づくりです。

刻みたい文字を石に描き、基本薬研彫りに仕上げていきます。

IMG_7730

柔らかめの石ですが慣れない作業に慣れない道具。毎年初めはおっかなびっくり、作業は捗りません。まして防塵マスクと保護メガネ着用でやりにくいですね。

だから制限時間内に終わることはまずありません。またきれいに仕上がらないことのほうが多いです。石が欠けてしまう子や彫りがはみ出してしまう子たちも。

でもタイムスケジュールの中、不慣れな作業を生徒さんたちは集中して取り組んでくれました。

作業後に感想を聞くと、楽しんで取り組んでくれた子が多かったようです。また石が硬かったという子と、柔らかかったという子、両方という子も。

ノミ先で彫刻刀のように削ることも可能な大理石なので、柔らかいという意味もわかります。また、深く彫ろうとするとやっぱりそれなりに硬く、思ったより刃先が入っていかない。正直な感想ですよね。

石に文字を刻む。普通ならまず、人生において経験することのない作業のはず。うまくできることが重要でなく、作業の大変さや素材としての石を味わうことが大切なんですね。

「一番身近にある文字を刻んだ石はお墓。今度お墓に行ったら彫ってある文字をよく見てみたい。今日の体験で少しお墓に親近感を持てそうな気がします。」

こんなことをお礼の言葉として伝えてくれました。石工として、最高のプレゼントですね!

また来年が楽しみになってしまうんだな(笑)

また、よろしくお願いします。

(※一部画像を加工してあります)