OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このあたりの地域では、納骨室(カロートとも呼ぶ)の蓋になっている石を拝石と呼びます。そして、お骨をお納めすると、この拝石の周囲をぐるっと目地をするのが普通になっています。

以前はセメント目地・モルタル目地が多く、最近では業者によってはコーキング目地を採用している場合もあります。この部分の目地は水が入らないようにとか、簡単に開かないようにといった意味「も」あるのでしょう。

ただしこの部分の目地を、あまりにがっちりやり過ぎるのは考えもの。開閉しづらくなり、次の納骨時に石を欠く原因になってしまいます。なのである程度取ることを前提とした目地になっています。

このために、いつの間にか目地が取れてしまうといったことも起こり得ます。特に時期や気象条件によっては思ったよりも早く目地切れを起すかもしれません。でも心配しないでください。基本的にはカロートは水が入っても抜ける構造になっています。

ごく一般的な話としてですが、拝石の目地部分からの浸水程度では、ほぼ大勢に影響ないはずです。同じ構造でも目地をしない地域も実際にあるわけですから。

そうは言っても目地が切れて取れていたらあまり格好良くありません。お墓参り時に気が付いたら、忘れないうちに施工した石材店に連絡、補修してもらうといいと思います。

弊社ではそうした場合、手の空いているときやその墓地に伺ったときなどに補修作業を行っています。(費用的な部分でいえば作業代金が発生する場合と、発生しない場合があります)

拝石の目地は「機能」的な部分もあるけれど、「化粧」的な意味合いがある。こんなふうに思っていてください。

また、よろしくお願いします。