IMG_6402[1]

夕方、近所にお住まいの方から問い合わせの電話をいただきました。

相談の内容については詳らかにできませんが、大まかなところではお戒名の追加彫刻についてとその他にも何点か。

どこの石材店で工事をしたお墓かわからない。(先日のブログではこうしたことがないように、家族で先祖祭祀やお墓に関することを共有しておいてくださいと書いたばかりですが。)

お話を伺うと、どうもそこにはよんどころない事情があるようです。どこに相談していいのかわからず、近所にある石材店だからと連絡をしてくれました。

基本、ご納骨や戒名彫刻などのメンテナンスは施工した石屋さんに依頼するのが常道です。でも、実際には色々な理由からそうならないこともあるわけですね。

だから本当に困った時に頼ってもらえるというのは、地場の石材店として決して嫌なことではありません。ここに石屋があることを覚えていてくれたという部分では、むしろ嬉しいことでもあります。

施工した石屋さんがわかっているのに、まっとうな理由もなく何でも頼られるのは正直ちょっと困惑する部分も。でも事情があって、石のこと・お墓のことで迷ったり困ったりする人の力になる。これも町石屋の務めである感じます。

なんだかダブルスタンダードのように思われる人もいるかもしれません。しかしそういうことではなく、お墓のことを真剣に考える方の相談に乗るということを厭う気持ちはないということです。

それぞれの地域で責任をもって仕事をしている石材店なら、そうした時にきっと力になってくれるのではないでしょうか。私も過去、直接仕事に絡まない案件でも相談に乗らせていただいたことは幾度もあります。

そうかといって、どなたの話も無条件で相談に乗るということではありません。内容によってはきっぱりとお断りすることもあると思います。タイムリーにいかないこともあるでしょう。

でもお墓やご先祖様のことを考えて迷っている方ならば、たとえ直接の仕事でなかったとしてもお話を伺い、力になることができるかもしれません。私はそんなふうに思っています。

もしお墓のことで心配なことや悩むことがあれば、遠慮なくお問い合わせいただきたいと思います。

また、よろしくお願いします。