IMG_7078[1] IMG_7077[1]

石塔の据え直し工事の良いところについて昨日書いてみました。接着剤を使うことにより、より丈夫な石塔になるというような内容でしたね。今日もその続きです。

最近では接着剤(変性シリコン製コーキング)オンリーでなく、地震の時に有効とされている地震対策品を使う石材店さんが多くなりました。

弊社でも墓石用免震マット『絆』を使い、接着剤と併用して施工をしています。新規の石塔には標準施工で『絆』を使いますし、据え直しの石塔でも対応できるものならば必ず使用しています。この『絆』はシリコン製なので耐用年数も長めだと聞いています。

こうした免震商品は数社から発売されています。各社すべて震度〇(〇は数字)相当の振動実験に耐えたというようなことを謳っているので、それ相応の性能を持っているはず。

なので無対策(接着剤のみ)よりも、免震商品を使用した方がより良いと思います。据え直し工事を行う場合、こうしたものを使えることも良いところの一つだと思います。

ただし、こうした免震商品は免震・耐震などと言っても、地震・災害時の絶対的な安全や不倒を約束するものではありません。墓地全体が壊滅的な打撃を受けるような災害時に、この用品を使ったお墓のみ無傷でいられるようなことはないと思います。

大体、石塔そのものが無傷だったとしても、外柵が壊れればお墓としては被害を受けるはず。それに丸ごと石塔が倒れる可能性だってあるし、よそのお墓が飛んでくるっていうことだって考えられますよね。

だからこれらの商品は「何もしないよりもはるかに良い」こんなふうに理解しておけばいいのかなと思います。

弊社でも普通の状態よりもより丈夫に、より良く。そんな思いで使用しています

いずれにしても昨日据え直した石塔さん。一昨日までよりはるかに丈夫になったことは間違いありませんね。末永く建ち続けてくださいよ(笑)

また、よろしくお願いします。