OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は石塔の据え直し工事に出てきました。そもそもはご納骨の時に、お墓のセメント目地が取れているということで修繕の依頼をいただいたことがきっかけです。(セメント目地の剥がれについてはアメブロもご覧ください)

セメント目地の石塔は、建立からそれなりの年数を経過している場合が多いです。

だから目地が剥がれてしまうわけですが、施工年の古い石塔の場合、ほぼ石同士が接着されていない可能性が高い。せいぜい石の間の数か所にセメントを置く程度ではないでしょうか。

つまり思い切り乱暴に言うと、セメント目地の石塔は石を積み重ねてあるだけの状態に近い。こんな感じでしょうか。

普通の状態でいきなり倒れるということはまずないのですが、やっぱり大きな地震などの天変地異に見舞われると、かなり心もとないですね。

あ!一つだけお断りしておきますが、手を抜いてそういう施工なのではありません。これが標準的な施工方法だった時代があったということなんです。

現在建立する石塔は、墓石用の接着剤(変性シリコン製・俗にコーキングと呼んでいます)を使って石同士をしっかりと接着する工法。以前の石塔と比べればかなり丈夫な状態になっていると思います。施工方法も進化しているのです。

化粧目地に関してもコーキングを使用しますが、水平を取るのに鉛玉やゴムパッドなどを使用するので、石同士のクリアランス(空間)が確保されます。この隙間にもコーキングが入るので結果、化粧目地の耐用年数も長くなります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新規の石塔ばかりではなく、既存の石塔でも接着剤を使って据え直す方法を適応できるものもあります。特に昭和50年前後から平成の接着剤工法に変わるまで。このあたりの石塔ならほぼいけると思います。

少し話が横道にそれつつあると感じるかもしれません。しかしこれも一つの目地補修の方法でもあります。

既存石塔を一度取外して据え直す方法は、費用もそれなりにかかります。機械が入らないお墓などではより割高になることも。

それでも安全性が高まるという効果まで考えると、目地補修の選択肢に入れていい手法ではないかなと思います。(ただし、現状であまりに石塔の水平が取れていない場合、大がかりな補修工事が必要になるかもしれません)

そうそう、少し話が横道にそれついでに明日。この据え直し工事の長所について、もう少し書いてみたいと思います。

また、よろしくお願いします。